読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マックブックな日々(Macbook Geek)

Retina Macbook Proで行った設定、アプリのインストール、トラブル対策等の覚書

’Karabiner'でKEYを変更する

一部のキーがおしづらい、と感じることはだれでもあると思う。特によく使うキーが押しづらい位置にあることほどストレスが溜まることはない。
親指シフトのキーボードや、キックスタータに出ているエルゴノミクスキーボードにも手が出そうになったが、あまり特殊な環境に慣れてしまうと、他の場所に行った時に困ってしまう。標準のキーボードを踏襲しつつ、自分の使いやすいように一部をカスタマイズする、というのが現実的な解ではないだろうか。

そんな要望を実現するのが、Karabiner - OS X用のソフトウェアだ。以前は'KeyRemap4MacBook'と呼ばれていたが、いつの間にか名前が変わったらしい。


Karabinerの操作は簡単で、アプリをたちあげ、'Change Key'のタブにキーリストが出てくるので、それぞれを変更する。

f:id:yasuda0404:20150521213815p:plain


おこなった設定は次の通り。ちなみに僕はUSキーボードを使っている。


・スペースキーをシフトキーに。スペースキーのみ挿下時はスペースキー。
 Space to Shift_L (When you type Space only, send Space)

・FJ同時押しをリターンキーに。
 Simulatanious Key Presses - [F+J] to Return

・()の自動挿入
 Shift to Shift(+When you press Shift only, send the appropriate paranthesis)


なお、Karabinerはトップメニューに表示しておくと便利。
f:id:yasuda0404:20150521214317p:plain
正方形の枠のようなアイコンが表示される。
f:id:yasuda0404:20150521214346p:plain