マックブックな日々(Macbook Geek)

Retina Macbook Proで行った設定、アプリのインストール、トラブル対策等の覚書

iOSデバイスへの、複数のGmailアカウントの設定

Gmailは、ひとつのGmailアカウントに、既存のEメールアドレス(アカウント)を登録できる。これを使うと、ひとつのGmailアカウントにログインするだけで、登録したさまざまなEメールアドレスから送受信できるので、とても便利。

さらに、iPhoneのメールにGmailアカウントを登録しておけば、iPhoneからも送受信できるようになる。

が、この方法は忘れがちなので、備忘録。

要は、このサイトをみればいい!

cogloglab.com

iOS App開発:.p12ファイルとProvisioning Profileの作成(改訂版)

参考:Adobe iPhoneアプリの開発方法 for Flash
f:id:yasuda0404:20131011162257j:plain


前バージョン:
macdays.hatenablog.com



iOSアプリ開発には、Provisioningプロファイルと、.p12ファイルの2つが必要。


####1. .p12ファイル
Mac上のキーチェーンアクセスで作成したCSRファイルをDev Centerにアップロードし、Certificateファイルをダウンロード、キーチェーンに登録して、.p12ファイルを作成する。


####2. Provisioning プロファイル

Certificate, App ID, DevicesをまとめたProvisioningプロファイルを作る。
Certificateは開発者登録、App IDはアプリの識別番号、Devicesは開発に使用するデバイス。





###1. .p12ファイルの作成

Apple Developer Centerへログイン。
'Certificates, Identifiers & Profiles'をクリック。
f:id:yasuda0404:20160826154247p:plain


####Certificates

左メニューで "iOS, tvOS, watchOS"を選択する(デフォルト状態)。

Certificates - All を選択、右上の「+」から、新しいCertificateを追加する。

f:id:yasuda0404:20160826154555p:plain


種類を選択して、ページ再下欄の'Continue'。 (通常のアプリの場合は、開発時:Development-iOS App Development、リリース時:Production-App Store Ad Hoc、で良いと思われる。その他の選択肢は別途調査必要。)

f:id:yasuda0404:20160826154850p:plain



Mac上でCSR(Certificate Signing Request)ファイルを作りなさい、というメッセージが表示される。

f:id:yasuda0404:20160826155021p:plain




CSRファイルの作り方は次の通り。

1) アプリケーション>ユーティリティから、キーチェーンアクセスを起動。
f:id:yasuda0404:20131011164352p:plain


2) キーチェーンアクセス>証明書アシスタント>認証局に証明書を要求...
f:id:yasuda0404:20131011164710p:plain

ユーザのメールアドレスにEメールアドレスを、通称に名前を入力。
CAのメールアドレスはブランクのままにして、要求の処理は「ディスクに保存」を選択。「続ける」


CSRファイルの保存場所を選択し、保存する。
f:id:yasuda0404:20131011165349p:plain


'CertificateSigningRequest.certSigningRequest’というファイルが保存される。
f:id:yasuda0404:20131011165508p:plain


再びDeveloperサイトに戻る。
Upload CSR Fileの'Choose File...'をクリックし、さきほどの'CertificateSigningRequest.certSigningRequest’ファイルを指定。再下欄の'Continue'をクリック。
f:id:yasuda0404:20160826160551p:plain


しばらく後、'Your certificate is ready.'の画面が表示される。CertificateをMac上にダウンロードする。(ファイル名は、'ios_development.cer'などとなっている)
f:id:yasuda0404:20160826160457p:plain



(今後は、Certificatesメニューから、Certificateをダウンロードできる。’Done'で終了すると、作成したCertificatesがリストに表示される。これをクリックして、ダウンロードする。また、'Revoke'でCertificateを破棄できる。)

f:id:yasuda0404:20160826161523p:plain



ダウンロードしたCertificateをダブルクリック。Certificateがキーチェーンアクセスに登録される。**Certificateの有効期限は 1年になっている**
f:id:yasuda0404:20160826161710p:plain

キーチェーンアクセスの画面で、該当証明書を選択し、「ファイル」>「書き出す」で、.p12ファイルが作られる。書き出す際にパスワードが要求されるので、入力する。

f:id:yasuda0404:20160826163721p:plain

f:id:yasuda0404:20160826163610p:plain



###2.Provisioning Profileの作成

再びDev Centerへ戻る。

####Identifiers

左メニュー'Identifiers'の設定を順次行う。

’App IDs'で、右上の'+’をクリックしてAppIDを追加する。
Explicit App IDは、厳密にIDを指定する場合。
Wildcard App IDは、最右の文字を'*'にすることで、'*'部分を変えて複数のAppに使える。

App IDは、逆ドメイン(jp.co.xxxxなど)が推奨。Wildcardの場合、最後を'.*'(例えば、jp.co.xxxx.*)とする。

Nameは後で変更可能だが、IDは変えられないので注意。

なお、完全なApp IDは、
Prefix + '.' + ID
となる。

f:id:yasuda0404:20160826164244p:plain



####Devices

DevicesでiOS機器を追加する。

UUIDはiOS機器をiTunesにつないで確認する。「概要」メニューで、デバイスのシリアル番号をクリックするとUUIDが表示され、右クリックするとコピーできる。
参考

f:id:yasuda0404:20131011155801p:plain


####Provisioning Profiles

Provisioning Profileとは、

  • App ID(一つのみ)
  • Certificate(複数可)
  • Device ID(複数可)

からなるファイル。右上の'+'ボタンをクリック。
Provisioning Profileの種類を選択。
f:id:yasuda0404:20160826165119p:plain


App IDを選択。
f:id:yasuda0404:20160826165108p:plain


Certificateを選択。Provisioning Profileの種類(Development/Production)と合致した種類のCertificateが必要。(未作成ならここから作成もできる。)
f:id:yasuda0404:20160826165230p:plain


適用するDeviceを選択。
f:id:yasuda0404:20160826165339p:plain


プロファイルの名前を入力。
f:id:yasuda0404:20160826165540p:plain


Provisioning Profileが作成される。ダウンロードする。[入力名].mobileprovision というファイル名になる。
f:id:yasuda0404:20160826165707p:plain

外付けSSDがマウントできなくなった!…でハマる。

外付けSSDがマウントできなくなった。トランセンドのStoreJet25M3(256GB)だ。これをORICOの外付けケースにいれて使っていたものだ。Macbookの本体SSDでは容量が足らないので、iTunesや写真のライブラリはすべて外付けSSDにしていたのだ。


USBを指しても、アイコンが現れない…。


顔面が蒼白になった。


最初、ケースかケーブルがだめになったのかと思い、トランセンドのケース(1700円ほどした!)に変えてみたが、状況変わらず。SSD本体の問題らしい。


ディスクユーティリティでみると、中身がグレーアウトしたアンマウント状態。上部の「マウント」ボタンを押すと、FirstAidをやれ、とでてくる。

で、FirstAidで「検証」「修復」しても、なんの問題もない、というメッセージ。なんてこった!

f:id:yasuda0404:20160507190859p:plain



トランセンドのサポートに電話して状況をつげると、S/Nを聞かれた。S/Nとともに「マウントできない」と訴えると、割りとあっさりと「交換しますので送ってください」という回答。ハズレロットだったのか。。。?

交換してくれるのいいとして、「交換するということは中身のファイルは消えるということですか?」と聞いたら、「そうです」という回答。いや、それでは困るのだ。僕の思い出の写真が消えては困る!


そこで、なんとかリカバリーしようと頑張った。



有料のディスクのリカバリーツールを試してみたが、ばらばらとファイルが出てくるだけでこれでは使えそうにない。

あとは、ディスクイメージをつくって救い出すしかない。。。。背に腹は変えられず、トランセンドの外付けHDD(1TB)を購入した。こうなったら、全部トランセンドでやってやる!


最初、ディスクイメージを別な外付けHDDに作ってみた。ディスクユーティリティ上でグレーになったボリュームを選択し、トップメニューから「新規イメージ」を選択し、dmgファイルを作る。これは無事できた。

が、「復元」タブでこのイメージファイルから復元しようとすると、「リソースは使用中です」みたいなメッセージがでて復元できない!

こうなったらイメージファイルを経由せずに、直接復元だ!ディスクユーティリティの「復元」タブで、「ソース」にグレーアウトしたボリュームを選択し、復元先に、購入した外付けHDDをアサインする。で、「復元」。

f:id:yasuda0404:20160507190453p:plain


コピーに数十分かかり、完了後、HDDを見てみると。。。。おお、SSDのファイルが戻っている!


いや、これは大変だった。もうこんな思いはしたくないので、今後は、購入したHDDを使うことにする。

もちろん、SSDは交換してもらいますよ!

KeynoteのファイルをiPhone (iPad)へもっていく

某イベントで簡単なプレゼンを行うことになったのだが、わざわざMacbookをもっていくのもおっくうだ。iPhoneでできないかと思って方法を探したら、このあたりが参考になった。

support.apple.com

もっともiCloudを使えばもっと簡単に同期できるのだが、ローカルにもっておくほうが安心。

Desktopの壁紙がデフォルトに戻ってしまう

デスクトップの壁紙は、

システム環境設定ーデスクトップとスクリーンセーバ

で変更できる。

f:id:yasuda0404:20151101081138p:plain


しかし、これで設定しても再起動するとデフォルトの壁紙に戻ってしまう。

調べると次の対策で解決(たぶん)。

環境設定 | Apple サポートコミュニティ

iPhoneで録音したボイスメモのデータを取り出す

最近、インタビューなんかでiPhoneのボイスメモを使うことが多い。専用のレコーダーを持って行かなくてもいいのが最大の利点で、結構ちゃんと録音できる。

ボイスメモで録音したデータはiTunesMacWindows)に取り込める。このためには、設定>ミュージックで、「ボイスメモを含める」にチェックを入れる。

f:id:yasuda0404:20150914155200p:plain


録音はiTunesの再生機能を使って聴いていもいいが、より細かな操作をするためには別のプレーヤーを使いたい。そんな時は、iTunesライブラリから録音データをコピーすればいい。

ボイスメモの保存場所は、通常、Music/iTunes/iTunes Media/Voice Memos にある。iTunesフォルダの場所をカスタマイズしていれば、その場所をさがせばいい。

ストレージの掃除で役だったTips

一般

ハードディスクの空き容量が極端に少なくなる場合の対処方法 | Apple サポートコミュニティ


xcode関連

qiita.com

[Mac]Xcodeのキャッシュその他を削除したら空き容量が約100GB増えた話 | つくりんぐ


作業効率化

inforati.jp

inforati.jp


しかし、iOS/MacOS関連の開発をそんなにやっているわけでもないのに、Xcode関連のファイルがこんなに溜まっていたとは驚き!Xcodeだけで、20GB以上削減に成功。